開運メッセージ


2019年はどんな年?

2019年(平成31年 昭和94年)干支では「己亥」です。

己(つちのと)は平地で、表面がサラサラして、人間が住むのに最も適している大地です。
母なる大地という様に穏やかで、しかも植物を収穫できる地面です。
しかし、亥(いのしし)は地面の下で水が溢れていて泥沼化している状態です。そのため
スタート時は晴れ晴れとせず、精神的に悩みが多く、不満が出やすいのですが、だんだんと良き己土の土が表面をおおってくると、次第に安定してきます。また亥は、根づくとか、生まれるとかの意味もありますので、家庭の中から将来役立つものが出てくるわけです。そこで、家々には明るい希望が出て来ます。
そうです、だんだん良くなってくる年なのです。スタート時は大変でも文句を言わずに、手を取り合い、ぬかるみでも助け合いながら進んでこそ明るい年になるでしょう。

 

2019年10月の運勢

10月の暦には、秋の大地の上に立つ樹木。という意味が含まれています。

これから巡る、北風の吹く冬に備え、乾燥や冷機に耐えられるよう、葉を落として省エネをするような樹木の状態です。今月は無謀なチャレンジや、思い付きで行動を起こしてばかりいては、空回りしてしまいます。樹木が年輪を刻んでじっくりと時間をかけて成長するように、一歩一歩焦らずに行動しましょう。今月の暦は特殊な意味合いを持ち、普段は起こらない様な事や、予期せぬ事が起こりやすい時でもありますから、慌てて周囲に振り回されないよう、心を落ち着かせて過ごすことが大切です。

 

 

 

2019年はどんな年?