開運メッセージ

2021年はどんな年?

2021年(平成33年 昭和96年)干支では「辛丑」です。

辛(かのと)は、自然界では金の質として分類されます。2021年は、この金の質のエネルギーを受けた世相が予想されます。それでは、金の質のとはどんな時代でしょう。

五行という考え方に当てはめてみると、木の質、火の質、土の質、金の質、水の質の五つの要素のうち

辛(かのと)は金の質であり、金の陽と金の陰に分類すると、金の陰に分類されます。

金の陰(辛)の持つ意味は、品の良さ、輝き、ダイヤモンドです。2021年は、「品格あるものが求められる時」です。

ここで、丑年(うし)の持つ意味が、どんな風に品格を持てば良いかを教えてくれているのです。

丑は、水の質をもった陰の土に分類され、知性、人を惹きつける、財といった意味を持ちます。

2021年は、知性を高め、品格ある行動から、人脈が広がり、財運を掴むことが出来る年となります。

金の質には、攻撃や行動力というエネルギーがあるため、よく働く事や、計画的に行動する事、他人から評価されるために頑張るといった気持ちも大切です。

 

 

 

 
1月の運勢2021年は
どんな年?

1月は、「あらゆるものを引き付け、育てるパワー」に満ちています。また、「良く考えて行動しましょう。」という月です。
軽はずみに行動せず、コロナウイルスの感染対策を念頭に、行動計画は選択肢を複数持ち、柔軟に対応しましょう。

2021年1月の暦は、広い大地、のどかな田園という意味があります。今月は、大地の様に寛大さをもって、立場の上下や、人との隔たりはなくして、幅広い人の意見を尊重すると、そこから学ぶ事が多くある時です。暖かい気持ちで頼ってくる人や、関わる人に接しましょう。


 ページトップへ